• ゼノア化粧品のゼノア化粧料の通販サイト。昭和8年創業のゼノア化粧品を通信販売
  • トップページ
  • 全商品一覧表
  • FAX注文用紙
  • サイトマップ
  • ご利用ガイド
  • よく頂くご質問
ゼノア化粧料通販・花咲 >  基礎化粧品の使い方 >  パックエステの方法

ゼノアのパックエステ

疲れた肌を脱ぎ捨てよう

いつまでもきれいな素肌でいるためには、皮膚代謝のサイクルを正常に保つことが大切ですが、年齢とともに代謝のスピードは落ちてきてしまいます。

一例を挙げますと、お子様とお母様では同じように日焼けをしても皮が剥けるまでの日数が違いませんか?
お子様は翌日に、お母様は数日後にといった具合に・・・・・
水着の跡が残る期間も同様ですね。
怪我をされた場合でも、お子様の傷の治りの速さに驚かれた事はありませんか?
これが皮膚年齢の違いなのです。
年齢とともに代謝のスピードが落ちている証拠です。

でも、あきめることはありません。
ゼノアパックエステは、古い角質を除去し、学生時代のようなハリとツヤのある肌をつくり上げ、素肌をきれいに保つための効果的な美顔術です。
定期的なパックケアでお肌にハリとツヤを与えましょう。

洗顔で刺激を感じる方は要注意 !
洗顔で刺激を感じる方は要注意 !

洗顔で刺激を感じる方は、お肌が弱っています。
そのような時は、まずはゼノア式5段階法でお肌の健康を取り戻しましょう。お肌が弱っている時は、とにかくお肌をしっかり休ませてあげることが大切です。
→肌トラブルの方へ

【無水型コールドクリーム】で汚れを落とす

【無水型コールドクリーム】で汚れを落とす

無水型コールドクリームを使用します。
「ビー玉」くらいの量を手の平に取ります。
指先と手の平で練り、柔らかくしてから使います。
お顔全体に塗り、メイクと馴染むまで2~3分軽くマッサージしましょう。
無水型コールドクリームは肌質に合わせてお選びください。
(コールドクリームU-1は、ビタミンA油配合で肌を整えます。)

[ゼノア]  コールドクリームU-1
メイク落とし、マッサージに。年齢肌で固くなった皮膚の柔軟性を保ちます。ビタミンA油配合。毛穴ケアにも。
[ゼノア]   無水型コールドクリーム
固めのタイプで、しっとりした仕上がりです。
[ゼノア]  コールドクリームクラシック
拭き取った後や、洗顔後は、サッパリした仕上がりです。
[ゼノア]  無水コールド・NAN
柔らかいタイプで、サッパリした仕上がりです。

 

 

拭き取ります

拭き取ります
まず、ティッシュで先に、大まかな汚れを拭き取りましょう。
(肌のデリケートな方は、肌をこすらないように、やさしく拭いてください。)

蒸しタオルでお顔全体を包み込みます

蒸しタオルでお顔全体を包み込みます

蒸しタオルを肌に当てて、気持ちの良い温度まで冷まし、お顔全体を包み込みます。
呼吸しやすいように、鼻の先はタオルの隙間から出しましょう。
体温程度に冷めるまでお顔を蒸らした後、そのタオルでお顔全体に残ったクリームをきれいに拭き取ります。
※蒸しタオルが面倒な方は、「ふき取りスポンジなど」を利用する方法もあります。

【パック】で余分な角質を剥離します

パックの塗り方

剥離性パックでの余分な角質除去により、ハリ、ツヤを保ちます。
パックは、1週間に2~3回の割合で定期的に行いましょう。
また、お肌にハリが戻り始めますと、ついパックの回数を増やしてしまいがちですが、刺激が限界を超えることがありますので、3日に1度程度にとどめましょう。
(乾燥や荒れ肌などコンディションに不安がある場合、パックは控えてください。)

[ゼノア]ソフトパック

[ゼノア] ソフトパック

パウダー状のパック粉です。ソフトパックは水で溶いてください。
3,000円+税

[ゼノア] ハイパック

[ゼノア] ハイパック

チューブタイプでペースト状のパックです。ソフトパックと比べて角質を取り除くのに効率のよい剥離パックです。
3,800円+税

【ポイントアドバイス】ソフトパックの使い方

ソフトパック粉を、水で溶きましょう。
同封の計量スプーンで2杯が1回分のパック粉の量です。
同じ計量スプーン2杯弱の水で溶いてください。
マヨネーズよりも少し柔らかめの濃度です。

ハイパックの使い方

【ポイントアドバイス】ハイパックの使い方

練り歯磨きのような、ペースト状のパックです。
ソフトパックと比べて角質を取り除くのに効率がよい剥離パックです。
肌の丈夫な方におすすめです。
ハイパックは肌質によっては刺激を感じる場合があるので、お肌をパックに慣らすため、まずはソフトパックからお使いください。

パックの塗り方

ソフトパックはパック専用ハケなどを使って塗ります。
ハイパックは指でも塗れますが、ハケをお使いになることをお奨めします。
均等な厚さに隅々まで塗れ、乾き方も均一化して、より良い結果を得られます。
目と眉の周りを上下に約1センチ程残し、唇も避けてなるべく均等な厚さに塗りましょう。シミなどの無い、健康な箇所から先に乾きます。
シミのある部分は乾きにくいです。
パックが乾くと白くなります。

 

≪ご注意ください!≫
★お肌のコンディションによっては、パックは湿ったままの状態で、乾かない間に洗い流してください。乾燥や荒れ肌のときにはおすすめできません。
★まぶたなどの刺激を感じやすい場所にパックを塗ってしまった瞬間、もし刺激を感じたら、乾くのを待たずにすぐにお顔全体のパックを洗い流しましょう。


ゼノア パックエステ 20%乾かしたところ

パックの乾き具合 20%

初めてパックをされる方は、最初はパックが20%程度乾いたら、洗い流して、肌の調子をチェックしてください。

ゼノア パックエステ 50%

パックの乾き具合 50%

慣れるに従って、乾かす%(パーセンテージ)を増やしていきます。

ゼノア パックエステ 70%

パックの乾き具合 70%

70%が乾かす限界です。
これ以上は、刺激が強くなり過ぎますので、肌の丈夫な方でも、必ずこの段階で洗い流しましょう。

パックを洗い流します

パックを洗い流します

パックは、全体が乾ききらない間に、必ず冷水か水で洗い流してください。(冷水を使う方が美肌効果があります。)水をお顔全体にかけてパックを湿らせてから、洗い流しましょう。簡単にパックが落ちます。
冬は、(夏の水道水程度の温度の)ぬるま湯で洗い流しても結構です。

ローションとクリームでお手入れします

ローションとクリームでお手入れします

ローションを手のひらに取り、お顔一面につけて(2回程度)なじませます。
(コットンは不要です。)

この時、少しローションを弾くような感じがしますが、収斂(しゅうれん)の目的で肌によくなじませましょう。

パックで取り去った皮脂の代わりに「耳かき一杯」くらいの量のクリームを手に取り、お顔全体に薄く伸ばしてください。

※オイリー肌の方でも、パックの直後は肌を保護するために微量でもクリームは塗りましょう。
これでお手入れが完了です。

[ゼノア] ローションA-30
年齢を問わずご利用いただけます。
[ゼノア] ローションA-30α(アルファ)
敏感肌の方に。
[ゼノア]  KBローション
20歳位までの女性と全ての年代の男性に。
[ゼノア]  ローションU-1
年齢肌に。皮膚に柔軟性を与えたい方に。
[ゼノア] ローションM-3
オイリー肌、ニキビ症に、適切な洗顔料とあわせたスキンケア。
 
[ゼノア]クリームA-30
年齢を問わずご利用いただける基礎クリームです。
[ゼノア] クリームU-1
年齢肌、皮膚に柔軟性を与えたい方に。
[ゼノア] BSクリーム2
20歳位までの女性と全ての年代の男性。
 

【おさらい】パックエステ

肌本来のサイクルを活かしたパックエステ。古い角質を取り除き、肌にハリとツヤを与えます。
週に1回~3回の定期的なケアで、化粧のりの良いツルツル、スベスベの肌に。

【おさらい】パックエステ

さらに効果的なお手入れをしたい方におすすめ!
美肌術専用蒸しタオル(無蛍光)   パック専用ハケ   ふき取りスポンジ                
美肌術専用
蒸しタオル(無蛍光)
  パック専用ハケ   ふき取りスポンジ                

ゼノアをご利用いただいたお客さまからのメッセージをご紹介します

ゼノア クチコミ
大阪府 35歳 S.Yさま

今まで使っていた粘土のパックより、ゼノアのパックのほうが、ずっと肌に良いですね!
気に入りました。使い続けている間に肌がツルツルで柔らかくなり、肌色が明るくなってきました。それに、さっぱりして気持ちが良いし・・・。
先日母に会ったら「どうしたの?色が白くなって!それに肌の調子もよさそうね」といわれて「やっぱり私の変化が母にもわかったんだ・・・」と、嬉しかったです。

ゼノア クチコミ
東京都 23歳 佐藤さま

小さい頃から、母が蒸しタオルを乗せたりパックを塗ったりしているのを見てきました。
毎日面倒なことをしているなあ、と思っていたのですが、自分がお化粧を始める頃になって、母(40代後半)の肌が、友達のお母さんより若い!ということに気がつきました。私も子供の頃から、ずっとゼノアの石けんシャンプーを使っているせいか、髪の毛はキレイな方だと思います(ちょっと自慢ですv(*^ ^*))。
他の化粧品の可愛いパッケージやCMに惹かれることもあるけど、目の前の生きた証拠(^^)を見ていると、母と同じようにゼノアの化粧品を使って、面倒でも毎日蒸しタオルで蒸して、時々パックを頑張っていこうと思います。

 

更新日 2017年7月4日
ページ先頭へ