• ゼノア化粧品のゼノア化粧料の通販サイト。昭和8年創業のゼノア化粧品を通信販売
  • トップページ
  • 全商品一覧表
  • FAX注文用紙
  • サイトマップ
  • ご利用ガイド
  • よく頂くご質問
商品点数
0 点
合計
0 円

「NHKすくすく子育て」「美STORY」「婦人画報」「新潮」をはじめ、多くの雑誌でご紹介いただきました

メイク

お化粧をしていることを忘れてしまうほどの心地良さ お肌に負担をかけないことを大切にしたメイク用品で、一生ものの透明感あふれる素肌をキープ。

カバー力もありながら、長時間使っても、お肌に負担をかけないことを大切にしたメイク用品で、
一生ものの透明感あふれる素肌をキープします。
合成界面活性剤や、タール系色素は含まず、天然色素だけを使用しています。

ゼノアのメイク用品

ファンデーション&パウダー

ファンデーション
&パウダー

肌に優しい天然色素。
UVカットファンデや
パウダーファンデ等
全7種類
※ネオパウダーファンデーション(ホワイトナチュラル)は、在庫終了次第、廃番となります。

ハイライト用パウダー

ハイライト用パウダー

光の乱反射で肌の質感をアップ。
クスミ対策や、小顔効果も。
全1種類

口紅&リップクリーム

口紅&リップクリーム

唇に優しい安心処方です。
使い続けても、唇の色が濁りません。
全3種類

日焼け止めクリーム

日焼け止めクリーム

紫外線吸収剤不使用。
ご家族でお使い頂けます。ファンデーションの代用としても綺麗

チーク

チーク

肌色を問わず、ナチュラルな仕上がりで、口紅の色を選びません。
全3種類

アイメイク

アイメイク

アイシャドー・マスカラ・眉墨・アイライナーなど。マブタがくすみません。
全5種類

パフ

パフ

毛穴を感じない絹肌メイクの必需品。ゼノア化粧料通販が
「オリジナル」で開発。
全3種類

ブラシ

ブラシ

ゼノアのメイク用品が、さらに使いやすく、綺麗に仕上がります。
ピンクショート・シリーズ
白ショート・シリーズ
黒ロング・シリーズ

【美肌レッスン】「今も、未来も美しく」を理念に作られました。

ゼノア化粧料のメイク用品は、タール色素を使用せず、地質顔料・紅花・ビタミンB12等の天然色素で作られています。
合成界面活性剤、紫外線吸収剤、合成樹脂は使用しておりません。
「その瞬間だけを美しく過ごす。」と言った考えではなく、お客様の今現在の肌と数十年後の未来の肌の両方を考え、どのような化粧品が流行ろうと妥協せず、健やかで美しい素肌がより長く保てるよう、常に商品開発しております。

「今も、未来も美しく」を理念に作られました。
【POINT1】いつまでも透明感のある素肌を保つには?

「私の顔や唇の色って、昔はもっと綺麗だったのになぁ・・・・・」
「最近は肌がくすんで、目の下にクマまであるのは、
体が疲れているから?それとも歳のせい?」
「頬にできたシミは、日焼けや老化が原因なの?」
鏡に映った姿を見て、その変化に疑問を感じたことはありませんか?

睡眠不足、食生活の乱れ、ストレスなどが肌に影響している可能性もありますが、
その原因の多くは、これまでに使って来た「化粧品や洗顔料」にあるのではないでしょうか。ご存知の方も多いと思いますが、市販の殆どの化粧品には「タール色素」が使われています。「タール色素」は、その美しい色彩の代償として、皮膚に色々なダメージを与えます。
メイクをしたまま眠った翌朝に、肌がガサガサになっていた経験はありませんか?
肌荒れをしていたら、負担を掛けた証拠です。重ねて、洗浄力の強すぎる合成洗剤を使ったメイク落としが、肌荒れに追い討ちをかけた可能性もあります。
合成洗剤(合成界面活性剤)が、肌の中に浸透する性質があることは有名ですが、
洗顔と一緒にメイク汚れ(タール色素)をお肌の中に浸透させてしまったのではないでしょうか?
タール色素は、退色(色があせて変色)しやすい色素です。
お顔の中に浸透したタール色素は、時間と共に退色(色あせ)します。
退色した色素がイレズミのように皮膚の内側にあれば、当然、顔色はくすんで見えます。
アイメイクが欠かせない今日、特に目の周りは要注意です。
目の周りの皮膚は薄いので、毎日繰り返し使う化粧品や洗顔料の選び方を間違えると、
睡眠不足で出来るのとは別の「タール系色素沈着によるクマ」ができます。

いつまでも透明感のある素肌を保つには?

【POINT2】安心して、家族で毎日使える日焼け止めクリームは?

次は「日焼け止めクリーム」のお話です。
一緒に使う機会が多いだけに、特に慎重に選びましょう。
市販の日焼け止めクリームは「紫外線吸収剤」を使ったものが殆どです。(下の左側の図)
ところが、「紫外線吸収剤」には、毒性があります。
でも、多くの化粧品メーカーが、「紫外線吸収剤」を使いました。
それは何故でしょうか?
消費者が、色の付かない「日焼け止めクリーム」の方を好んだからです。
あなたも、そうではありませんでしたか?

一般的にはあまり知られていませんが、「紫外線吸収剤」と、病院が使う「クレゾール」と、「タール色素」は同じ化学記号を持っています。
「クレゾール」は、200倍に薄めても細菌を即死させる強い毒性をもっているのです。
「紫外線吸収剤」や「タール色素」を肌に塗った場合、程度に差こそあれ、人の皮膚細胞に、影響が無いはずはありません。
特に日焼け止めクリームは家族で全身に長時間付けるものです。
新聞などの健康相談コーナーで、医者が「できるだけSPFの強いものは、毎日使わないようにしましょう!」と警告し、「外出から帰ったらすぐに洗い流しましょう。」と指導しているのは、そのような理由からです。

 

紫外線吸収剤

紫外線吸収剤

 

 紫外線散乱剤 (ゼノアの日焼け止め)

 紫外線散乱剤 (ゼノアの日焼け止め)

 

更新日 2017年8月9日
ページ先頭へ