• ゼノア化粧品のゼノア化粧料の通販サイト。昭和8年創業のゼノア化粧品を通信販売
  • トップページ
  • 全商品一覧表
  • FAX注文用紙
  • サイトマップ
  • ご利用ガイド
  • よく頂くご質問
ゼノア化粧料通販・花咲 >  ヘアケア・ボディケアの基礎知識 >  ボディケアについて (ボディケアの知識 / おすすめのボディの洗い方)

ボディケアについて

オールシーズン、乾燥知らずの素肌で過ごすには! ボディケアの知識

健康な肌とは?

美しい肌(美肌)とは、健やかな肌のことを言います。
健康な肌こそが、最も美しいのです。
それでは、「健康な肌」はどのようになっているのでしょうか?
皮膚組織は主に「タンパク質」でできています。
そのままの状態では「異物」が体内に浸透したり、外部からの色々な刺激を直接受けるので、皮脂腺から皮脂を出し、角層という壁の表面をコーティングして、「タンパク質を油紙で包むように」保護しています。
そのお蔭で身体が守られ、生命が維持されています。
脂の膜が身体の水分の蒸発を防ぐから、健康なお肌はいつでもシットリしているのです。
シャワーを浴びたら、皮脂によって「パチッ」とはじかれた丸い水滴ができるのが健康なお肌です。

卵で見るバリアゾーン
お肌にやさしい洗浄剤を選びましょう

「石鹸」は、余分な皮脂のみを落とし、身体に必要な皮脂まで奪いすぎることはありませんので、健康なお肌の方にとっては、毎日お使い頂ける、お肌に優しい洗浄剤です。

一方、洗浄力の強すぎる洗剤を使い続けていると、皮脂分泌量の少ない方は特に、肌のバリアゾーンが弱り、目には見えない小さな無数のすきま(バリアゾーンの破壊)が皮膚表面に出来てしまうことがあります。そうなると、肌が敏感になり、ちょっとしたことでも「刺激や負担」に感じられます。
(例)バリアゾーンが傷んでいる場合は「風や暖冷房」「冷水や温水」「タオルで拭く時に起こる摩擦・衣類の材質や縫いしろ」ですら刺激になります。

石鹸と合成洗剤の簡単な見分け方

「石鹸を使ってみたいなぁ!」と思っても、はたしてどれが「純粋な石鹸」なのか、最初は見分けがつきません。だから「石鹸」を使っているつもりでも、そうでない事が結構多いのです。

そこで簡単な見分け方を整理してみました。

  • 石鹸はアルカリ性です。(アルカリ性以外ありません。)
  • 中性・弱酸性・アミノ酸系と書かれているものは合成洗剤です。
  • オーガニック・天然成分主原料・植物生まれ・赤ちゃんや環境に優しい等と書かれていても、
    石鹸でないものが数多く流通していますから、消費者としての選択眼を養うことも大切です。
洗う回数は、肌質に合わせて調整しましょう

頻繁に洗うことが「清潔=エチケット」と思われています。
でも、身体を洗う本来の目的は、日常生活で身体に付着する汚れや、汗、余分な皮脂を落とすことです。
必ずしも頻繁に洗えばよいということではありません。洗いすぎにより、かえってお肌を傷めてしまうこともあります。

ボディの汚れには大きく分けて2種類あります。
水で落ちる汚れ」と、「水では落ちない汚れ」です。

「汗」は、水で落ちます。
だから、シャワーだけで良いのです。

「皮脂」や油やたんぱく汚れは、水では落ちません。
油汚れは水になじまないので、石鹸を使う必要があります。

  • オイリー肌の方は、皮脂分泌が活発です。通常、毎日皮脂汚れを落として丁度いいでしょう。
  • 乾燥肌の方は、皮脂分泌が活発ではありません。(肌表面を守るための皮脂が常に不足しがちです。)
    オイリー肌の方に比べると、保護力が弱いため、色々な刺激に対して敏感になります。
肌が弱っている時は

こちらは、お肌が弱っている方に向いた洗い方ですので、お肌が健康な方は、今まで通りに石鹸生活を楽しんでください。

最近のご相談者は「毎日ていねいに全身を洗うこと」⇒「清潔」⇒「オシャレ」と思っている方がほとんどです。
しかし、清潔好きのお母さんを持つお子さん程、比例してアトピーが多いとの報告もあります。

ここで、考えていただきたいのは、本当に毎日全身を丁寧に洗わなければならないほど、身体から皮脂が出て、汚れているのか?ということです。
肌が弱っているときは、毎日ボディを石鹸で洗う必要はありません。
逆に刺激になったり、皮脂を奪いすぎて、乾燥肌を招きます。
確かに、合成洗剤に比べて石鹸の方が皮脂を根こそぎ落とさないのでよいのですが、やはり洗いすぎは感心しません。

乾燥肌の方

どうしても毎日洗いたい場合は、肌にマイルドで刺激が少なく、洗浄力の強すぎない石鹸を選ぶ必要があります。
(「石鹸」と一言で言っても原材料などによって洗浄力や使用感は全く異なります。)

肌に何らかの不安をお持ちの方

もし毎日洗うのでしたら、足の裏などポイント部分だけにしましょう。
その他の部分は、時々洗うだけで十分です。
(肌の調子をチェックしながら加減してください。)

乾燥がひどい方

ほとんど石鹸を使って洗わなくてもよいでしょう。
エチケットとして「臭い」が一番気になるでしょうが、 お湯だけで洗っても、ある程度の汚れは落ちます。

肌にうるおいを残して、毎日健やかに 「乾燥肌」や「お肌のデリケートな方」におすすめのボディの洗い方

「ボディの洗い方」実践編です。
もちろん、小さなお子様のデリケートな肌にも適しています。
(その日の肌コンディションに合わせて調整してください。)

洗浄力は「洗剤の洗浄力の強さ」と「肌に乗せている時間」が関係しています。
わかりやすく言えば、

  • 強い洗剤を使い、長時間丁寧に洗うよりも、肌に優しいマイルドな洗浄力の石鹸で、短時間に「サッ」と洗った方が、肌への刺激や洗浄力がソフトということです。

【ポイントアドバイス】ボディの洗い方のコツ

  • 低温で水に溶けにくい、なるべく硬いマイルドな石鹸を選び、ネットを使ってモコモコのムース状によく泡立てる。
  • その石鹸を使い、手で洗う。(タオルやスポンジは使わない。)
    一番、手洗いが肌にはソフト。

例えば右手にモコモコ泡立てた石鹸を持ち、その泡を右足に軽く塗り付けたら、すぐにお湯で右足の石鹸を洗い流す。次は左足に石鹸を軽く塗り付け、すぐに洗い流す。
要は全身を洗ってからお湯で流すのではなく、パーツパーツごとに軽く泡で洗ったら、すぐに石鹸を洗い流す方法です。

たいていの方が、身体は上から下へと洗っていきます。
そうすると首に石鹸が付いている時間が1番長く、丈夫な足の裏が最も短いことになります。
身体を洗うのに2~3分かかったとしたらどうでしょうか?
最初に石鹸を付けた首への刺激が最も強くなります。
首は足の裏に比べて皮膚トラブルが起きやすい部分です。
そのような訳でパーツごとに短時間で手洗いする方法をおすすめしています。
ご自身の手で洗うのが一番肌に優しいのです。摩擦が少なく、力加減が出来ることがポイントです。

モコモコ泡立てた石鹸
11
[ゼノア] クリームソープ

[ゼノア]クリームソープ

純度の高い材料を使っているので、不純物質が肌を刺激したり、石鹸のカリ成分が強すぎるために起こるツッパリ感などもない、とてもマイルドでシットリした洗いごこちの石鹸です。これまでの石鹸に刺激を感じていた方や、突っ張り感を感じた方、乾燥肌の方まで、肌質や年齢を問わず幅広くお使いください。

1,000円+税

 

[ゼノア] 酸性パウダー

[ゼノア] 酸性パウダー

全身用の弱酸性パウダーです。あせもが生じやすいお子様や、大人の方にも適しています。
汗と混じると、肌と同じ性質の弱酸性ローションになり、肌を健やかに保ちます。
湯上り時などにはたいてください。
サッパリとした快適な素肌でお過ごしいただけます。
1,500円+税

[ゼノア] エスタノール

[ゼノア] エスタノール

「乾燥肌」、「ドライスキン」用の、弱酸性全身用ローションです。
ラクトフェリン(赤ちゃんを育てるための初乳にも含まれる成分)配合で、肌のうるおいを保ちながら、サッパリと軽い使用感です。

皮膚表面の乾燥を防ぎ、皮膚コンディションを整えることに目的をおいている、保湿を意識した製品で、 防腐剤、合成ポリマー不使用です。

3,300円+税

[ゼノア] クリームA-30

[ゼノア] クリームA-30

シットリしたクリームで、お肌がすこやかであれば、年齢、肌質を問わず乾燥肌や敏感肌の方にもお使いいただけます。
お肌を健やかに保つには、皮脂に近い性質のクリームで油分を補うことが基本です。
皮膚を保護してうるおいを与え、肌荒れや、乾燥を防ぎます。
乾燥している部分に擦りこみましょう。
7,700円+税

ボディケアについて

更新日 2018年12月7日
ページ先頭へ