• ゼノア化粧品のゼノア化粧料の通販サイト。昭和8年創業のゼノア化粧品を通信販売
  • トップページ
  • 全商品一覧表
  • FAX注文用紙
  • サイトマップ
  • ご利用ガイド
  • よく頂くご質問
ゼノア化粧料通販・花咲 > メイクのテクニック > 眉メイクのテクニック (美人に見える眉山の正しい位置/簡単に眉毛の色をヘアカラーに合わせる)

眉メイクのテクニック あなたに一番似合う眉毛を見つけませんか。

眉の黄金比率を教えます 美人に見える眉山の正しい位置

美人に見える眉山の正しい位置

美人に見える眉山の正しい位置

顔の印象を決めるのは、眉が大きなポイントを占めます。
ベストバランスの眉を描くと、顔全体のバランスが良くなり、長所がより魅力的に引き立ち、欠点だと思い込んでいた部分が、チャームポイントになることも・・・。
これからあなたをさらに美人に見せる眉毛の位置をご紹介しますので、あなたの魅力を最大限に引き出してくださいね。慣れると、何パターンかの眉を描き分ける事だってできるようになります。

美人に見える眉山は、「黒目の外側と目尻の中間」から「目尻」までの範囲にくるのが理想的な位置です。また、目尻の真上より、少し内側に眉山を持ってくると、バランスの取れた美人顔に見えます。
眉が少し変化するだけで、顔の表情やイメージまでも変わってしまいます。
美人顔に見える基本の眉のバランスをマスターしたら、次はなりたい印象にあわせてアレンジしてみましょう。

--- 眉尻の位置 ---

眉頭と同じ高さにあるとバランスが取れます。
<より若々しい印象にしたい方は>
眉尻と眉頭は同じか、眉尻を上の位置に。
※眉尻を眉頭よりも下げて書くと、バランスが悪くなります。

--- 眉の長さ ---

眉尻を「長め」にすると女性らしい印象に。
眉尻を「短め」にすると若々しい印象に。

眉の形と、太さ

ご年配の方は、柔らかいカーブの細めの眉を描きがちですが、直線的で太目のスポーティな眉にした方が逆に若々しく見えます。
もし、丸みのあるアーチ型の眉がお似合いの方は、眉を全体的に少し太めに描かれると、生き生きとした感じが出やすくなります。

眉はカットするか、剃る方法で整えましょう

眉を抜くことはおすすめできません。眉毛の型には流行があり、太くなったり細くなったりしますが、
いったん抜いてしまうと、もと通りの毛並みのそろった眉毛にはなかなか戻りません。
年齢と共に眉は自然に減り、薄くなります。未来のことも考え、無駄毛以外の眉毛はたとえ1本でも抜かずに大切にしましょう。

眉毛の薄い方も、濃い方も 簡単に眉毛の色をヘアカラーに合わせる

マユカラーを使って、眉毛を描きます。
ゼノアのマユカラーは2色セットです。黒髪の方は「墨色」を、明るい髪の方は「ひわだ色(ダークブラウン)」をお使いください。
2色の混ぜ色を使うと、とてもナチュラルです。(「アイライン」としてもお使いいただけます。)

[ゼノア] まゆずみ

[ゼノア] マユカラー

マユカラーは、「まゆずみ」としても「アイライン」としてもお使いいただけます。
デリケートな目元にやさしい、安全な処方ですので、色素沈着の原因になることもありません。
2色セット/3,300円+税

眉全体にカラーをのせます

眉全体にカラーをのせます

眉が薄い方や、逆に濃すぎて色を落としたい方におすすめの方法です。
眉毛の薄い方は、墨色とひわだ色(ダークブラウン)を混ぜて、眉毛の濃い方はダークブラウンを使いましょう。
薄い方は濃く、濃い方は軽い印象に変化してナチュラルに仕上がります。
まゆずみには純正ブラシが2本付いていますが、簡単にキレイにつけるにはやはり、「幅の細めの歯ブラシ状の眉ブラシ」を使うと、一番簡単でどなたにでも自然に描けます。

・ブラシの毛の先端部に、ごく少量、まゆずみを取ります。
・ティッシュで、毛先を軽くポンポンとたたくようにして、色の濃さを調整します。
・先端部で、眉毛をとかすようにつけます。

 

ピンク・眉ブラシ&コーム(花咲オリジナル) 白・眉ブラシ&コーム(花咲オリジナル)
ピンク・眉ブラシ&コーム
(花咲オリジナル)
250円+税
白・眉ブラシ&コーム
(花咲オリジナル)
250円+税

眉尻を線描きする

眉尻を線描きする

眉尻を細く線描きする場合は、専用の眉ライナーをお使いください。
平筆(側面から見ると平たい筆)ですので繊細なラインが描けます。

黒ロング・眉ライナー(オリジナル) 白ショート・眉ライナー(オリジナル)
黒ロング・眉ライナー
(花咲オリジナル)
1,500円+税
白ショート・眉ライナー
(花咲オリジナル)
1,500円+税

眉メイクのコツ

更新日 2019年4月12日
ページ先頭へ