• ゼノア化粧品のゼノア化粧料の通販サイト。昭和8年創業のゼノア化粧品を通信販売
  • トップページ
  • 全商品一覧表
  • FAX注文用紙
  • サイトマップ
  • ご利用ガイド
  • よく頂くご質問
ゼノア化粧料通販・花咲 > メイクのテクニック > シミ・ソバカス隠しの裏技メイク (ネオパウダーファンデーションを使う方法)

シミ・ソバカス隠しの裏技メイク

サラッと仕上がりの、お手軽シミ隠し「ネオパウダーファンデーション」をベースに使う方法

下地(ベース)をつくる

お化粧前には酸性ローションクリームをお使いください。
お肌のコンディションを整え、メイク下地になります。

1.酸性ローションをつけます

酸性ローションを手のひらに取って、お顔一面に付けて(2回程度)なじませます。

2.クリームを薄めに塗り、メイク下地をつくります

適量 / 耳かき山盛り1杯程度(メイク下地としての量)

※クリームはローションを付けた後、
まだ濡れている状態の時に付けると薄く伸びやすくなります。
※クリームの量は、季節と肌質によって加減しましょう。

ローションをつけます。(2回程度)

ローションをつけます。(2回程度)

メイク下地としてのクリームの量は、耳かき山盛り1杯程度が目安です。

メイク下地としてのクリームの量は、耳かき山盛り1杯程度が目安です。
お肌の調子にあわせて加減してください。

軽くティッシュで押さえます

ティッシュで1度軽く押さえてから、メイクをしましょう。
化粧崩れを防ぎ、ナチュラルに美しく仕上がります。

軽くティッシュで押さえます

ネオパウダーファンデーションを塗る

ネオパウダーファンデーションを顔全体に塗ります。
付属のスポンジで塗る方法と、パウダー用のパフを2枚使って塗る方法があります。
→ネオパウダーファンデーションの塗り方についてはこちらのページで詳しく説明しています

ネオパウダーファンデーションを塗る
[ゼノア] ネオパウダーファンデーション ケース付セット(詰替用/専用ケース)

[ゼノア] ネオパウダーファンデーション ケース付セット(詰替用/専用ケース)

簡単メイクの必需品。
カバー力に優れた、使用感のよいパウダーファンデーションです。
全4色 ケース付き/4,200円+税・詰替用/3,200円+税

 

[ゼノア] ネオパウダーファンデーション カラーバリエーション

メイク前の写真です。濃いシミが頬全体に出ています。

メイク前の写真です。濃いシミが頬全体に出ています。
(お客様にモデルになっていただきました。)

ネオパウダーファンデーションを塗った状態です。

ネオパウダーファンデーションを塗った状態です。
濃いシミが、ある程度隠れました。

カバーファンデーションでシミ・ソバカスをカバーする

薄く見えているシミの部分に、ファンデを、細筆か指で付けます。

薄く見えているシミの部分に、カバーファンデーションを、細筆か指で付けます。


--- 上手な付け方 ---

カバーしたい部分から大きくはみ出さないように付ける方が、より美しく仕上がります。
横へ伸ばすのではなく、上下に「チョン、チョン、チョン」とたたき込んで、肌に良くなじませましょう。

[ゼノア] カバーファンデーション

[ゼノア] カバーファンデーション

カバーファンデーションは、コンシーラー(しみ・クマ・ニキビあと隠し)としても使える、カバー力が高いファンデーションです。
全3色 3,500円+税

 

[ゼノア] カバーファンデーション カラーバリエーション

【ポイントアドバイス】地肌の色よりも少し濃いめを選びましょう

シミ・ソバカス・ニキビ痕をカバーファンデーションで隠すには、シミの色と地肌の色の中間色よりも、少し濃い目のお色を選ぶのがポイントです!
肌より白い色を選ぶとかえって目立ちます。(洋服を着る時のインナー選びと同じで、肌の色よりもやや濃い色のインナーを選んだ方が、薄い色のブラウスやTシャツ等に映らないのと同様です。)
★より自然に仕上げるためには、カバーファンデーションを肌の色に合わせて、2色混ぜあわせてお使い頂くのも良い方法です。


フェイシャルパウダーで仕上げる

フェイシャルパウダーで仕上げる

フェイシャルパウダーを【パフ2枚の揉み込み方法】でよく揉み込み、カバーファンデーションを塗った部分を押さえます。
(粉で押さえることによってカバーファンデーションが安定して、他の部分と自然にお色がなじみます。)
まずは、これで完成です。


[ゼノア] フェイシャルパウダー

[ゼノア] フェイシャルパウダー

粒子が細かく、シットリした使用感で、カバー力のある上品な粉おしろいです。
全3色 ケース付き/3,200円+税・詰替用/2,600円+税

 

[ゼノア] フェイシャルパウダー カラーバリエーション

【応用編】さらに念入りに隠す場合

さらに念入りに隠す場合は、もう一度シミの気になる部分だけ、ごく薄くネオパウダーファンデーションで上から押さえます。

さらに念入りに隠す場合は、もう一度シミの気になる部分だけ、ごく薄くネオパウダーファンデーションで上から押さえます。
横に引っ張るように塗ると、カバー用に塗ったファンデーションがずれるので、上から「チョン、チョン」と軽く押さえましょう。


ハイライトカラーで、もっと美肌に見せる!

光の乱反射効果で、色むらを消し、さらにシミやソバカスを目立たせない!

光の乱反射効果で、色むらを消し、さらにシミやソバカスを目立たせない!
ハイライト用パウダーチークブラシで頬全体に乗せます。
大き目のブラシにハイライトカラーを取り、ティッシュや手の甲で軽く色を馴染ませてから頬全体に乗せましょう。


フェイスカラー詰替(シェールホワイト)

[ゼノア] フェイスカラー詰替(シェールホワイト)

多目的に使える、ハイライト用パウダーです。
光の加減で、立体感を出したり、小顔やリフトアップ効果も期待できます。
別売りの「ブラッシングパウダー用ケース」に詰めてお使いください。
フェイスカラー詰替(シェールホワイト) 3,000円+税

 

→ハイライト用パウダーの美肌効果について、詳しくはこちら

【ポイントアドバイス】頬紅+ハイライトカラーの重ね付けで、シミ・ソバカス、さらに目立たせない

頬紅+アクセントカラーの重ね付けで、シミ・ソバカス、さらに目立たせない

今回は、シミの状態をはっきりご覧頂くために頬紅を使いませんでしたが、シミの色は頬紅の色に近いので、頬紅を薄くても塗る方がシミが目立たなくなります。頬紅を塗ったらその上からハイライト用パウダーを「フィニッシュパウダー」としてお使いください。
厚塗り(ファンデーションとカバーファンデーション(コンシーラー)の重ね塗り)や色むらを、ハイライト用パウダーの光の乱反射効果で消しましょう。更に美人度をアップさせたい場合は、必ず眉山下にも塗ってください。
美しいポイントを何箇所か作ると、視点が散らばり、シミに目が行かなくなります。
同時にお肌が「ピーン」と張っているように見えますので、明るく若々しい印象になり、立体感も出て小顔に見えるようになります。


[ゼノア] フェイスカラー(チーク) 3点(オルセイユピンク/オロールオレンジ/専用ケース)セット

[ゼノア] フェイスカラー(チーク) 3点(オルセイユピンク/オロールオレンジ/専用ケース)セット

タール色素を使わず、地質顔料の色でつくられた「フェイスカラー(頬紅)」です。
ホホバ種子油(保湿)など油分配合で乾燥しにくいパウダーです。
肌色に自然になじむカラーです。
2色を混ぜ合わせると、お顔が明るく見える「サーモンピンク系」になります。
この色は、たいていの口紅に合う、好感度の高い使いやすいお色です。
7,000円+税

[ゼノア] フェイスカラー(カメリアピンク)

[ゼノア] フェイスカラー(カメリアピンク)

タール色素不使用なのにしっかり発色し、肌になじみやすい、やさしい色合いの「フェイスカラー(頬紅/チークカラー)」です。ホホバ種子油(保湿)など油分配合で、パウダーなのに乾燥しにくく、一度つければキレイな色が長持ちします。

甘さをプラスした、やわらかい大人のピンクでフェミニンな印象をつくります。

ほどよい血色感で、普段のメイクはもちろん、華やかなメイクにも合います。
大人のメイクをお楽しみください。
3,000円+税

【おさらい】シミ・ソバカス隠しの裏技メイク ネオパウダーファンデーションをベースに使う方法

ローションとクリームで下地を作ったら、軽くティッシュで押さえ、ネオパウダーファンデーションを塗ります。シミや色むらのある方は、その部分に軽くカバーファンデーションを指先でたたき込み、(こすらず)塗った部分をフェイシャルパウダーで押さえ、まわりの肌色となじませます。
最後に頬紅とハイライト用パウダーを付けると、光のマジックで、カバーファンデーションを塗った色の境目が目立たなくなり、よりナチュラルな、1ランク上質の美肌に仕上がります。

【おさらい】シミ・ソバカス隠しの裏技メイク ネオパウダーファンデーションをベースに使う方法

シミソバカス隠しの裏技メイク

更新日 2019年4月12日
ページ先頭へ