• ゼノア化粧品のゼノア化粧料の通販サイト。昭和8年創業のゼノア化粧品を通信販売
  • トップページ
  • 全商品一覧表
  • FAX注文用紙
  • サイトマップ
  • ご利用ガイド
  • よく頂くご質問

肌トラブルの方へ

体の内側から肌をつくる 美容面からの方法

食 事

毎日の食生活の積み重ねが身体をつくります。
お肌は健康状態の鏡です。
食べ物の栄養によって肌が作られるのですから、栄養バランスを考えながら食べる必要があります。
食材は、無農薬栽培や有機栽培の野菜を中心に、栄養価の高い、添加物の少ない食品を選びましょう。
(栄養価が高いことと、カロリーが高いこととは別です。)
身体のためになる、内臓に負担を掛けない、栄養価の高い食品を選ぶことが大切なのは、臓器の働きを健康に保つためです。

ポイント

臓器に負担を掛ける飲食を続け、臓器の調子が悪くなると、唯一の栄養である血液が具合の悪い部分から優先的に助けようとその部分に集中します。そして末端にある肌、髪、爪等への栄養を後回しにしてしまうので、美肌は作られなくなります。

美容ビタミンについて
●ビタミンA群

不足すると角質が硬くなり、過度の乾燥が生じる。特に、粘膜部の乾燥が起こる。
柔軟で丈夫な上皮(角質など)を形成するのに欠かせない。

●ビタミンB群

欠乏症として、皮膚炎、湿疹、口角炎、表皮の萎縮(シワの一種)

●ビタミンC群

ビタミンCによってコラーゲンはつくられる。シワ防止に一番必要なビタミン。

ビタミンCとカルシウムをバランスよく食事で摂ることも大切です

理想的な美容食は、有色野菜+植物油脂+お酢+海藻+小魚で、有色野菜を植物油脂とあわせて採ることで、ベータカロテンというビタミンAのもとをビタミンAとして体内へ効率よく摂取できます。お酢は細胞の代謝を助け、海藻は血液をサラサラにして栄養としての血液が循環しやすくし、小魚はカルシウムで身体を丈夫にします。お肌の健康は快食、快眠、快便からはじまるのです。
甘味を好む人は皮脂分泌が旺盛になります。これは、皮脂分泌を調整するビタミンB2が糖質を分解するのに消費されてしまうからです。コレステロールの分解には、ビタミンCも有効です。皮膚の外側をしっかり形成するのに役立つのはビタミンAです。

柿の葉のお茶

柿の葉のお茶

美肌と若さに欠かせない「ビタミンC」がふんだんに含まれている「柿の葉のお茶」は、毎日のあなたの健康のサポートになるお茶です。
農薬は検出されておらず、特に太陽の良く当たる若い葉を使用しています。
柿の葉のお茶はカフェインもゼロですのでお子様にもお飲み頂けます。
抹茶タイプの「柿ん子」には食物繊維も多く含まれております。

お肌に良い食べ物としては「ヌルヌル」した糸を引く食品をおすすめします

たとえば、納豆・山芋・オクラ・モロヘイヤ・レンコン等です。
皮膚を丈夫にする効果があります。
納豆が苦手ならば天ぷらにしたり、キムチと混ぜると食べやすくなります。
山芋は、お好み焼きを作るときに水を減らして小麦粉に混ぜ込むと、山芋が苦手なお子様でも気づかぬままに食べられます。
色々工夫して、毎日緑黄色野菜と一緒にお召し上がりください。

皮膚そのものを作るのは食品です

食事をないがしろにして、サプリメントに頼りきっている女性ほど、皮膚を弱くしている傾向があります。 サプリメントだけに頼ろうとせず、毎日の食事を大切にしてください。

毎日きちんと排便しましょう

腸の中に古い便を長く溜めないようにすることも、美容のポイントです。

心と運動

現代社会にストレスはつき物ですが、ストレスを発散できる方法を見つけましょう。
イライラはシワの原因になります。
熱中できる楽しい趣味や、適度な運動もおすすめです。
いつも同じ姿勢で仕事をしている方は、特にストレッチ体操などをして、リラックス出来る時間をつくりましょう。
短時間でも毎朝太陽の光を浴びることも大切です。体内時計を正常にします。
完璧を求め、自分に厳しく真面目に生きると、どうしてもストレスが溜まります。
手抜きしても良い部分は手抜きして、楽しみながら身体と心に楽をさせてあげましょう。
「笑い」も良いですね。「落語を聴いてガンに勝とう!」と高座に出ている落語家さんもいるくらいです。
明るく楽しそうにしていると、自然に明るい人達が周りに集まります。
大いに笑って福を呼び、健康になりましょう。

そしてたまには「いつも頑張っている自分自身に」にご褒美を・・・・。
旅行、食事、洋服、化粧品、花、ペット、休暇、
自分自身に、これまで一番欲しかったものを記念日などにプレゼントをされてはいかがでしょうか!
ガーデニングをはじめてからストレスから開放されたり、ペットと一緒に過ごすことにより精神が安定したケースも多く報告されています。

睡 眠

質の良い睡眠を毎日8時間以上とりましょう。
睡眠不足は翌日のお肌にも、はっきり表れます。
「寝る子は育つ」と言いますが、大人の場合も同様です。特に疲れた日はお肌のためにも夜更かしをせずに早めに眠るのに限ります。
美肌の大好物は睡眠です。        
  
また、冷暖房のきかせすぎも、お肌を乾燥させますので注意しましょう。
常に適度な加湿を心がけることが大切です。
加湿器がない場合は、部屋の中に湿ったバスタオルを1枚干しているだけでもずいぶん違います。

冬に身体が冷えやすくてよく眠れない方は、お風呂から出たらすぐに床に就きましょう。
どうしてもすぐに眠れない場合は、就寝の数時間前からホットカーペット等で布団を先に芯まで温めておきましょう。そして眠る時は電気を切るか、温度を最低にして休みましょう。
朝まで「優しい余熱のポカポカ感」に包まれて、身体がリラックスして休めます。電気カーペットや電気毛布のスイッチをつけたまま眠ると、お肌のみならず体中が乾燥してしまい、朝には疲労感が残るので、あまりおすすめ出来ません。
電気製品で暖を取る時は、「水」を定期的に補給しましょう。
そして朝起きたら、血液をサラサラにするためにも、すぐに最低コップ1杯の水を飲みましょう。
美容は毎日の小さな工夫から、ですね!

日用品

衣類の洗剤、シャンプー、台所用洗剤には「石鹸」をおすすめします。
首筋や毛の生え際に湿疹が出るようでしたら、しばらくの間、洗剤の使用は止めてお湯だけで洗ってみましょう。もし、改善したら、これまで使っていた日用品が原因である可能性が高いということになります。
シャンプーは「石鹸シャンプー」に、衣類の洗剤は「合成洗剤」から「石けん(粉石けんや液体石けん)」に切り替えて様子を見るのも1つの方法です。
衣類はよく濯いだつもりでも残留洗剤が残り、敏感な方の場合は肌への刺激になることもあります。
台所用洗剤等で、手荒れがひどい場合は、綿手袋の上からゴム手袋をして直接洗剤に手を触れないようにしましょう。もとに戻れば、こちらも使っていた日用品が原因である可能性が高いですね。
ごく少量でも毎日繰り返し使い続けると慢性化してしまいます。(専門的には慢性毒と言います。)
毎日使う日用品の「慢性毒」をもう一度真剣に見つめなおされてはいかがでしょうか。
詳しくはこちらをご覧ください。
ご家族にもご協力頂きながら日用品をじっくり選別しなおしましょう。
家族単位で改めなければなかなかですから、一緒に頑張ってくださいね。

[ゼノア] 洗髪石鹸・アルファ

[ゼノア] 洗髪石鹸・アルファ

髪・頭皮にやさしい石鹸シャンプー。 かゆみやフケを抑える処方。
従来の石鹸シャンプーのようなネバネバ・パサパサ感はありません。
小ボトル(300ml)/1,300円+税
大ポンプボトル(600ml)/2,400円+税
詰替え(750ml)/2,400円+税

[ゼノア] 酸性リンス・アルファ

[ゼノア] 酸性リンス・アルファ

サラサラした軽い仕上がりで髪がまとまりやすくなります。フケやかゆみを抑える処方です。
小ボトル(300ml)/1,500円+税
大ポンプボトル(600ml)/2,800円+税
詰替え(750ml)/2,800円+税

感作減法

肌トラブルの方へ

更新日 2018年9月3日
ページ先頭へ